ホーム  >  企業/団体派遣実績

留学フェア開催中

フィリピン留学・セブ島留学説明会

フィリピン留学の最新情報/学校選びの方法/留学前・留学中・帰国後の勉強方法など
ご案内させていただきます!
詳細はこちらをクリック

自分に合った留学先を探そう

  • マンツーマン重視の学校
  • スピーキング力UPに重点を置いた学校
  • ビジネス英語が学べる学校
  • 各種英語試験対策が可能な学校
  • キッズ英語留学が可能な学校
  • スパルタで学べる学校
  • のんびり学習できる学校
  • ホテルに滞在できる学校
1.フィリピン留学の流れ お問い合わせください 2.学校・コース・期間などを決定 3.お申込み 4.航空券の手配 5.出発準備 6.出発から現地到着

運営会社 概要

株式会社インターナショナル・エデュケーション

企業/団体派遣実績

現在の日本では、夏・春休みを利用し個人留学はさほど珍しいことではなくなってきています。
また、グローバル化の波は各段階の教育機関に於いても重要な要素として捉えられ、グローバル人材育成に注力が始まりました。
しかし、多くの教育機関では未だに欧米留学を派遣先として設定し、参加学生のご家庭は2-4週間の語学研修に多額の費用を支払わないといけません
更に、プログラム内容は、語学学習に割く時間が1日3-4時間、あとは異文化交流の名のもと実質観光となっているプログラムが散見されます。
当社は【留学前学習】・【参加費用の低減】・【費用対効果】・【数字に基づく効果測定】を念頭に置いた独自プログラムを開発し、様々なレベルの学校にご利用いただいております
イーセブだから出来ることがあります!

【留学前学習】

当社ではご留学前にオンラインもしくオフライン(講師派遣)での英語学習を提供しております。
多くの方は留学してから勉強しようと考えられる方が多いのが実情です。しかし、渡航前の学習で留学の成否が問われます。
「細く長く」をモットーに毎日少しずつ語学学習をする習慣を作りあげる事こそ、語学習得の近道です。
当社ではオンライン英会話と講師派遣によるハイブリット学習を提供し、相互の強みを活かして英語学習のポイントを受講者へ提供します
講師は、高校英語教員免許保有しているスタッフやネイティブ講師による指導により4技能をバランス良く、楽しく学べるように独自のカリキュラムで進めています。

Facebook-20160301-104816

【参加費用の低減】

留学したい学生、参加させたい保護者の方が一番気になるのが費用です。
昨今、各家庭の可処分所得は悪化の一途をたどり、教育費にお金を掛ける事も一苦労です。
当社では一人でも多くの若い学生が、若い間に海外に直接赴き知見を広げて欲しいと考えております。
なるべく参加者様がチャレンジしやすいよう既存プログラムの費用を勘案しプログラムを独自開発しております。
勿論、安全面や衛生面など重要な部分に関してはおざなりにする事なく、当社にて削減できる努力を最大限行っています。

【費用対効果】

フィリピン留学は欧米留学よりも優れている点は受講数の多さです。
派遣される保護者の方も何十万も支払ってちょっと英語話して、観光して帰ってくる海外研修に納得される方はほとんどいません。
やはり、短い派遣期間に於いても、身になる、帰国後も次に繋がる効果がなければ意味がありません。
フィリピン留学は1日4-5コマのマンツーマンレッスンがあり、その他授業を含めると平日1日最大8-10時間英語学習に時間が割かれます。
母国語が少ない環境で集中的に学ぶことで日本人が抱える「英語に対する心のハードル」が下がり、間違えながらも発話する事で元々ある英会話のポテンシャルが引き出されることになります。
この受講数の多さは、他の留学先では得る事が難しく、現在多くの企業や教育機関が利用する要因となっています。

【数字に基づく効果測定】

当社では派遣元学校、現地語学学校とも密に連携を図り、毎回の派遣毎に効果測定を実施しております。
英語に於ける4技能を数値化する事は、どの物差しを使うかにより様々ですが、派遣元学校と相談し、TOEIC/TOEFLなどの試験を留学前後に 参加者対象に受験いただき、伸び率を計測し、保護者の方へご案内させて頂くなどの取り組みをしております。 また、オンライン教材などとも連携し数字に於いて一定の効果測定ができる環境を整え、常により良いプログラム開発を心がけております。

Facebook-20150420-051040
skype
友だち追加数
StaffBlog
フィリピン政府観光省

PAGE TOP